紛争・サービスの予防から解決までお手伝いします

突然来るブランド使用中止要求

商標権とは

商品やサービスの提供に伴い利用されるブランドは「商標」と呼ばれ、特別な手続をすることなく利用することができます。 ただし、一定の要件を備えた「商標」については、早い者勝ちで特許庁に登録をすることができ、商標の登録が認められると登録商標となって、 登録が認められた範囲で、登録商標と同一の商標を独占的に利用し、登録商標と類似した商標を他人が利用することを禁じることができる「商標権」が認められます。

そのため、使っているブランドが他者の登録商標の内容と同一又は類似のものであった場合には、 その登録商標の権利を持っている他者からブランドの使用の中止や損害の賠償を求められるリスクがあります。 他者がそのような登録商標を持っていることを知らなかった場合でも原則として他者の商標権侵害となり、ブランドの使用差止や損害賠償請求を受けるリスクは免れません。

したがって、ブランドを決めるに際しては、そのブランドについて他者の有する登録商標の内容と同一であったり類似していたりしないかを予め調査することが、 こうしたリスクを回避するためには必要となります。そして、これから使うブランドを安定して使用するためには、 ブランドの独占的な使用ができるように他者に先駆けて商標を登録しておくことが望ましいでしょう。

不正競争とは

もっとも、商品やサービスのブランドや商品の形状について、他者が商標登録をしていない場合でも、 他者が使っているブランドで広く知られているものと同一又は類似のものであったり、他者が販売を始めて間もない商品の形状と同一又は類似の形状のものであったりした場合には、 「不正な競争行為」をしていると判断されて、商標権侵害と同様にブランドや商品の形状の使用差止や損害賠償請求を求められるリスクがあります。

そのため、他者が使っているブランドや商品の形状がヒットして人気商品となっているのを知って、こうしたブランドや商品の形状に似せたブランドや商品を売り出す行為は、 違法な販売行為となるリスクがあるので、慎重な調査と判断が必要になります。

マルチサポートコンサルティング
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階