紛争・サービスの予防から解決までお手伝いします

引用元の表示で他者の著作物の転載は自由?

著作権とは

小説や音楽、写真や映画といった作品は、「著作物」として著作権法という法律でその創作者の権利が保護されています。 著作権法が著作物を創作した著作者に認める権利には、大きく分けて財産として譲渡することができる権利と、 譲渡することができない権利があり、前者を「著作権」、後者を「著作者人格権」と呼んでいます。これらの権利は、 さらにそれぞれいくつかの権利に分けられていますが、いずれの権利についても著作者が著作物を創作した際に、 著作者だけがその著作物に関して持っている権利が発生することになっています。

著作者に断りなく著作物を複製できる場合

「著作権」の中で最も重要なのは、「複製権」と言って著作物を「複製」、すなわち著作物のコピーを作ることができる権利です。 著作権法は、著作者だけがこの「複製権」を有することにしているので、 著作者以外の者が著作物のコピーを作ることは原則として著作権侵害行為として違法となります。これが違法とならないためには、 著作者から「複製権」を譲り受けるか、複製をすることについての許諾、すなわちライセンスを得ることが必要となります。 著作者から著作権の1つである複製権を譲り受けた場合は著作者は複製権を失い、複製権を譲り受けた者が複製権に関して「著作権者」となり、 他者がその著作物を断りなく複製することを禁じることができるようになります。

その他に、法律がいくつかの類型を設けて著作権者に断りなく著作物の複製をすることができる場合を定めていますが、 その1つに「引用」があります。

「引用」が違法とならない要件

著作権法は「公表された著作物は引用して利用することができる」と定めていますが、その条件として、 ①引用が「公正な慣行に合致する」ことや、②「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれる」ことを求めています。 さらに、著作物を複製して引用する場合には、 ③著作物の出所を「複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により明示しなければならない」としています。

他者が公表した著作物を複製して利用する場合に、多くの人が引用元を表示すればよいと考えていますが、 これは上記の要件の1つである「出所の明示」をしているにすぎず、その他の2つの要件を満たさなければ、 著作権者の許諾なく複製ができる「引用」の要件を満たさず、違法な複製となることには注意が必要です。

マルチサポートコンサルティング
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階