紛争・サービスの予防から解決までお手伝いします

著作に潜むリスク

日々の事業活動における宣伝広告や取引先との連絡交渉において、文書や画像、映像を使ったコミュニケーションを避けることはできません。 また、音楽や絵画制作などの芸術活動を生業にしている人にとっては、作品の創作や提供が日々の事業活動の一環として行われていると言えます。

こうしたコミュニケーションの手段として制作される文書や画像、映像や、作品として創作される音楽や絵画などは、いずれも「著作物」として法律でその創作者の権利が保護されています。 ただ、こうした人間の創作活動の成果として生み出される著作物に関する権利は、同様に人間の知的生産活動の成果に与えられる知的財産権としての特許権や商標権などと異なり、 権利取得のための公的機関への申請手続が必要とならないことから、権利の存否やその内容について、明確でないことが多いのが実際です。

けれども、著作物に関する権利を定めた著作権法には、著作物の創作者の権利と利用者の利便性のバランスを取りながらも、創作者の権利侵害に対しては、 刑罰の規定も設けて権利保護を図っています。そのため、毎日のように作り出され、利用している「著作物」の利用に関する権利については、 正しい知識と理解をしておかなければ、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

ここでは、「著作物」の著作に関する権利についてのよくある誤解などについて、解説しています。

 引用元の表示で他者の著作物の転載は自由?

マルチサポートコンサルティング
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-1 九段サザンビル2階