あなたは日々の生活において、何らかのトラブルに遭い、けんかやもめごとに巻き込まれたことはありませんか。

そのようなトラブルや紛争で不愉快な思いをしたり、不満が残ったりしたことはありませんか。

そして、そのような嫌な結果に終わったことで、こうしておけばトラブルに遭うことはなかったのに、と考えたり、あの時、あのようなことを言わなければ、あのようなことをしなければ、けんかやもめごとになることはなかったのに、と後悔したことはありませんか。

日常生活でのさまざまな「嫌なこと」は、あなた自身に原因があって発生した場合もあれば、あなた以外の関係者に原因があったにもかかわらず非を認めない場合、あるいは、予測不能な天変地異や甚大な災害がきっかけとなった場合のように、誰かに明らかな原因があったとは言えないような場合もあります。

また、個人事業や会社での事業運営において、取引上のトラブルや組織内部でのトラブルが発生してしまうこともしばしばあります。そのようなトラブルも、相手方とのコミュニケーションが十分に取れておらず、双方の理解に不一致があったり、相手方に何らかの不正な意図があって、あえて事実と異なる主張を展開されるような場合もありますが、そうしたトラブルや紛争が発生しないように、予め対策を取れる場合も少なくありません。

ここでは、日常生活や事業活動におけるトラブルや紛争の原因となる要因を分析し、予め対策を講じることでトラブルや紛争発生のリスクを回避するお手伝いをしています。